コロナ後?6月2日、アキバと明大前マイルスに行った、どちらも健在だ |65歳からアートをつくる 

6月2日、何となく解禁なので、とにかく行きたくて、どんな様子かも知りたくて、アキバに行くことにして、もちろん明大前マイルスも気になっているので、この2つに行くことにした。
アキバに行く前に、お昼前に明大前マイルスに寄った、下手をすると、「長い間お世話になりました。」などと閉店の可能性も否定できない。
しかし、しぶとい「6月1日より再開」の張り紙あり、つまり昨日から再開しているのだ。


と言うことで、安心してそのままアキバに向かいました。明大前、笹塚、岩本町でアキバの中に簡易に到着できます。ただし、今回は、何をとちくるったか、乗り過ごし、岩本町を過ぎて、ずいぶん遠くまで乗ってしまい、折り返しました、ロス時間は約20分です。
アキバは予想に反して、閑散としています。どうせ、アキバだから、いろいろな規制を無視して好き勝手にやっているに違いないと思ったのですが、違いました、閑散としています。

アキバをウロウロしまくって全体の感じをつかみました。
あのレトロゲーム屋も、換気のためいつも閉じていたドアを開けています。

そうして、アキバから渋谷に向かい、ハンズで紙類のチェックをして、明大前に向かう。

入ると、すでに数人がいて、カウンターの一番奥に座る。と目の前に、マッチ箱のかたまりがある。
その中でも、NIZANのマッチがあるので驚いた、まだ、経堂のニザンを知っている人がいるとは思わなかったからである。
「これは何ですか?」と聞くと、カウンターに入っている人が、「ちょっとコレクションを・・」との事、
「イヤー、これ、ニザンでしょ。」
「ええ、経堂の・・」
ニザンを知っている人がまだ生き残っているのだ。

口の中がおかしくなるような苦いコーヒーだったニザン。もちろん、ポール・ニザンを店主が好きだったのだろう。
そして、ママさんの写真も目の前にあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ後?6月2日、アキバと明大前マイルスに行った、どちらも健在だ |65歳からアートをつくる ” に対して1件のコメントがあります。

  1. morimoto より:

    kaeko様、メールありがとう、です。どうしても、返信では届かないようです。ケータイのショートメールでしか、通じないかも知れませんね。このブログの、各ページ、どのページにも、最下段に、「お問合せ」があります。そこから、ケータイ電話番号を教えていただけますか。お問合せでは、他の人の目には一切触れませんので、大丈夫です。

  2. 匿名 より:

    名前を書き忘れ、匿名で返信してしまいましてごめんなさい。これからは気をつけます。

  3. morimoto より:

    ここに個人情報を書いてはダメです。書いた人のメールアドレスなどは分かりませんが、書かれた文章は誰でも見れます。取りあえず、未承認として、隠しました。個人情報を書く場合は「お問合せ」を使ってください。私の前のコメントを読んでください。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください