山形のジャズ喫茶 珈琲園

朝10時頃山形駅について、早速、朝9時から開いているはずの「珈琲園」へ行く事にした。ロッカーに荷物を預け、いい天気、出発。
霞城公園、美術館の前の辺りのはずです。ゆっくり朝の光の中歩きます。
ありました。珈琲園、創業以来47年の超老舗です。例えば20歳で開業したら、今67歳になるのです。
ちゃんとジャズ喫茶としての看板が出ている。

ここにもちゃんとJAZZという言葉が出ている。

入ると巨大なスピーカー以外は、普通の喫茶店風で、おじさんたちが朝の珈琲を楽しんでいる。朝のラジオのニュースが店内に流れている。
ちょっと困ったが、マスターが注文を取りに来た時に、小さな声でささやいた、
「ジャズは流れないのですか。」
「ちょっと、朝だしね。」
しょうがないかと諦めかけたのですが、やはりこのスピーカーからの音は聞きたいなぁ。
と、小さな音で、ジャズが流れ始めた。
ちょっと古いジャズが聞こえ、もちろん小さな音だが、多分遠くから来ただろう客のリクエストに応じてくれた。
美しいスピーカーですね。

やがて、サッチモの声が聞こえる。いいです、十分です。私も、ゆっくりスポーツ新聞を開き、コーヒーを飲み、しばし耳を立てて朝のジャズを楽しみました。
本領発揮とはいえませんがこのスピーカーは大きな板の真ん中にスピーカーユニットがあるもので、ジャズ喫茶では余り見かけません。確か、昔(今はどうか?)、京都のヤマトヤの2Fのグレイのスピーカーがこんな感じだった。

ジャズ喫茶 珈琲園
山形県山形市旅籠町1-1-14
1960年開業
023-642-3900
900-2100
(2007年9月8日訪問)

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください