久しぶりに高田馬場に映画を見に行った、ブレード・ランナー2049|65歳からアートをつくる

ブレード・ランナーの第2弾が封切りになった時は、何か行かなかったが、高田馬場の早稲田松竹でやっているとの事なので、どうせ見なくてはならない映画なので、久しぶりに早稲田松竹に行った。
ここでは、ブレードランナー第1弾と、第2弾を両方見れるのですが、ちょっとしんどいので、第2弾だけを見ました。

まず、この第2弾は、第1弾を見ていなければならないものです、それを見ないで第2弾がああだこうだとは言えないだろう。どうやら賛否両論がある映画らしく、また最初の映画は、映画史に残る名作なので、その続編となると、いろいろな感触が生じるのは理解できる。
個人的な感想としては、全体の雰囲気は十分に良い、よく頑張っている、やはりあの映画のキモは、あの雰囲気なのだろうから、まずは成功、と思う。が、ストーリーはベストとは言えない、気がする。

最初の10時からの開演時にはさすがに朝早いので、数十人しかいなかったが、13時前に終わって出ると、驚いたことに、長蛇の列であった。

終わったら映画館の前にある「けむり」と言うスモーク専門のレストランのランチを食べようと予定していたのだが、残念なことに、ランチは止めていた、ので、近くの「坂井精肉店」と言うとんかつ屋さんで、とんかつを食べた、非常においしかった。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください